脱腸

総務の森田です。

ブログ更新が1週間遅れてしまいました。

いいわけとしては、私事ですが先週いっぱい鼠形ヘルニアの手術で入院をしていました。

半年程前に右足付け根に違和感を感じ、受診したところ鼠形ヘルニアと診断されました。俗にいう脱腸です。子どもがなりやすいともききますが、私は今月で34歳を迎え、初めての脱腸を経験しました。

脱腸しては自分の手で腸を元の位置に戻すという作業を毎日繰り返し、半年程経過をみました。大した作業ではないのですが、毎日のことなので非常にめんどうで、出てる時間が長いと違和感・異物感がありとても不快でしたので、手術に踏み切りました。

幸いに手術は成功し、脱腸を止めることができました。まだ若干、へそ周りが触ると痛いですが腸を戻す作業がいらなくなり、日々快適です。重量物は持てなくなりましたが、、、

お世話になりましたお医者様、看護士様に大変に感謝しております。

先週末はLIXILショールームでのお家相談会のイベントもあるなか、1週間もお休みをいただいてしまい、会社の皆様にも感謝しています。

イベントは好評だったようですが、イベント会場がわかりずらかったとのお声もいただいております。設営が行き届いておらず、申し訳ございませんでした。

深く反省しております。次回はこのようなことがなく、皆様にお越しいただけるように、設営、宣伝に一層配慮してまいります。どうか、次回もよろしくお願いいたします。

 

終わりに

 病室からの夜景です。きれいでした。

 

 

 

 

コメントを残す